.(仮)

大好きな漫画や書籍のお話、レポ、感想や、それに関連したお話。

天使祝詞 あまつそらなる 151 イチゴイチエ ~セーラー服防衛前線!~

今回も3つほど、まとめて。

天使祝詞/くさなぎ俊祈
「殺人人形(キリング・ドール)」のコードネームを持つ少年・結(ゆい)。彼は「組織」によって戦闘の妨げになるような感情が芽生えないように育てられた暗殺者だった。人の殺し方は知っていても涙の流し方は知らない結は、与えられた「任務」を冷たく遂行してゆく――。人との接し方が分からず、周りと距離を置いていた結だが、萌子という少女から懐かれてしまい仕方なく相手をすることに。だが新たに与えられた任務の内容は…。
引用:renta


天使祝詞1

天使祝詞1

ネタバレ含感想
感情のない結がさまざまな人との出会いで少し人間味を持っていく話。
短い中によくまとまっていたと思う
結以外にも殺人を行う人が出てくる訳ですが、結と暮らしている宮城もそう。普段は牧師として活動する一方で冷徹な一面もあり

駿河という少年もそうだが、彼は優しすぎる。
駿河と結が 冨田というおじいさんのもとへ依頼者の息子として潜入する話は結構辛い。
漫画として…お約束の展開にはならないので…

人間関係がかなり絡み合っていて…

面白いという言葉が適切かは分かりませんが面白かったです。



気になった方はこちらを(^^)!

天使祝詞1

天使祝詞1



あまつそらなる/もりひのと
落ち着いたふるまいと柔らかな物腰、だけどちょっといけずな若旦那はいかがですか?代々京都で花里流茶道教授をつとめる大島家。その跡取りである千鳥は、留学先のアメリカ生活を満喫していたが、母が主催する大寄せ茶会のために急きょ呼び寄せられてしまう。仕方なく茶会を手伝う千鳥だったが、着慣れぬ着物が胸を圧迫し、気分を悪くなして休んでいるところを犀内紬(さいうちつむぎ)がみかねて、帯を直してくれるのだった。ホッと一息つくことができたところに「あんたちょかやな」と嫌味を言われてしまう。「なんなのよ、あの人!」と思いつつ、なぜか気になる千鳥だった。古今集に歌われる『夕暮れは雲のはたてに物ぞ思ふあまつそらなる人を恋ふとて』のように思い人は遠く手の届かない場所にいるのか?それとも…。★もり先生から一言:呉服屋の若旦那とのコイバナです。京都を舞台に着物男子の格好良さをお伝えできればと思っております。【オヤジズム
引用:renta

ネタバレ含感想
イヤなオヤジが気になっていくっていう話。
オヤジズムというらしいが、イケメンに書かれているし、主人公も若い女の子って感じではないので、普通に大人の恋物語みたいな感じにしか思えなかった(年齢差がって感じででなかった)
ただ、和服の男性にはキュンとした。京言葉?もキュンとした。

ハッキリ付き合うとか、そーゆう感じではないので、好き嫌いはあるかも。


気になった方はこちらを(^^)!


151 イチゴイチエ ~セーラー服防衛前線!~/田中ててて
15歳の女子中学生のサクラは親代わりのお姉ちゃんが大好き。お姉ちゃんの幸せがサクラのただ一つの望み…だったはずなのに、お姉ちゃんが連れてきた結婚を前提に付き合ってるという彼氏は、なんと51歳のクマみたいなもっさいオッサン!?こんなの私、絶対許さないからね!!なんとしてでも全力で阻止してやるっ!!【オヤジズム
引用:renta

ネタバレ含感想
こちらも、オヤジズムっていうらしい。上とは全く絵のテイストが違うのでキュンとはしなかった。……しなかった。
ギャグ要素が強め。お姉ちゃんの台詞はかなりリアルでドキッとする部分もあると思うが、良くも悪くも。オヤジズムは置いといて、さくっと読めるギャグ漫画としては面白かったと思う。



気になった方はこちらを(^^)!


今際の国のアリス18巻最終巻/麻生羽呂 ネタバレ感想


あらすじ

1巻~見直したい人はこちら。
前巻(17巻)だけ見直したい人はこちら

ネタバレ前のためし読みはこちら♪


ネタバレ


道具の持ち込みが自由なのは、怒らせ ミラを殺し永遠にゲームを終わらせないようにか。と気づくが、アリスは、それには乗らない。
最後の勝負にいこうかというミラだが、
今際の国について 答え探しを辞めないと宣言したアリス
ミラは、今なら…とこの国について話始めるのだった
アリスは、精神疾患で入院していて今はカウンセリング中、アリスが見ている幻覚だと
アリスはまた闇に落ちていく。
違うと叫ぶ ウサギの声すら届かず、、アリスは、幻覚剤の入ったカップに手をつけてしまったのだった。
ウサギは自分の手を切ることで、アリスに返ってきて貰う事ができたのだった。
そこで無事 試合を終えるのだった。

全クリアした時
ここに残るか 残らないかの選択を迫られる。
残らないの選択後、帰れる保証はないが、一部を除き残らないの選択をするぷれいやあたち。


目が覚めるアリス
巨大隕石が落ち 2000人を越える死者が出ていたのだった。
アリスらは、一時心臓が止まったが奇跡的に生き返っていた。その時間約1分だった。
アリスらには、あの日々の記憶はないが、確かに心は変わっていた。
仲間たちの事も覚えていないが、自然と仲良くなるのだった。
アリスは新しい目標に向かって動き出していた。

感想

終わってみると、ニラギが嫌いじゃなかった。
変わりたいけど、変われない
変わっていく人が羨ましくて妬ましくて
自己嫌悪 それを誤魔化すようにまた、戻る
嫌いじゃない


げぇむは、どの程度考えていたんだろう?
最後の落ちとして、悪くはないかと
せっかく盛り上がりそうな 国民vsぷれいやあが、短かったのは。最初を引っ張りすぎたからなのか、ネタ切れなのか、あえて引き伸ばすべきじゃないと判断したからなのか

じょおかあが結局なに?だったのか かみ?
じょおかあは必要だったのか

ちょーたやカルベは先に目を覚ましてましたー☆的なハッピーエンドを予想していたので、そこだけは辛かったかなあ…


暗い過去がある人が選ばれたのではなく
誰しも辛い過去はある
今際の国は、本当に生きたいかどうかを判断されてる。生きる事を諦めたり投げ出したら死ぬ
運でも死ぬ
迷い混んだ時間が違うのは心停止した時間が違うから(多分コンマ単位で)
ぷれぃやぁとでぃらあの違いはわからない
過去の辛さ??
かなあって勝手に思ってる

家族の態度が違うのは、死ぬかもって思って大切に感じた。っていうよりは、案外アリスの気持ちの問題なんじゃないか。って思ってる(自分がひねくれてると、ね?)

あと疑問なのは
今際の国の元国民もこの事故の死者なんだよね?
数分が何年なんだろう…
てっきり、違う事故とかかと思ったけど、死者に名前があったしな
ってなると、残る選択をした人は誰と戦うの?
アリスらが目覚めてから心停止した人?それを繰り返していくと最後は……?
国民になる選択をしたら、死ぬのかな?植物状態とかかな? 疑問です。

今際ってタイトルからそんな感じかなって想像はできたけど、想像以上に面白かったです。

気になった方はこちらを(^^)!


そんな事より 巻ネタバレが気になる!方はこちらを(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)

今際の国のアリス15巻~17巻/麻生羽呂 ネタバレ感想


あらすじ

1巻~見直したい人はこちら。
前巻(巻)だけ見直したい人はこちら

ネタバレ前のためし読みはこちら♪


ネタバレ

ここで最後の一つにいくのかと思ったら打ち落とされたマークのダイジェスト的な感じで話は進みます。

まず、報道カメラマンさんの話
今まで 分かってきた事のまとめのような形で話です。ぷれぃやぁのこと。でぃらぁのこと。
国民のこと。ぷれいやあがいた地下の事など。
あの光は花火じゃなく…選別…

ダイヤのキング クズリューvsチシヤ
かなり腕に自信のある人で行われる5人による対戦。生き残るのは一人
クズリューにも4人と同じ条件・足にも枷をつけられていた。
相手の心を読む心理戦ではなく、合理だとチシヤはいう。他のメンバーは負けていき最後に残るクズリュー・チシヤの直接対決で


16巻

クズリューの昔の話
クズリューは国際弁護士として エリート街道を突き進んでいた。しかし彼は 金持ちに価値があるという風潮に同意できずにいた。
しかし、自分ではどうすることも変えることも出来ないまま、もんもんとした日々を過ごしていた。命の価値をどう量ればいいのか。どう違うのか決められずにいた。
チシヤは自分の命も他人の命も 大切に思えず、二人は真逆なようで良く似ていた。
クズリューに 自分の命と天秤にかけるよう仕向けたチシヤ。クズリューは悩みながらチシヤを生かしたのだった。

キューマと仲間の話。

キューマ、クズリュー、シーラビ、ミラの四人が、国民になる前、ぷれいやあだった頃
一緒に戦う訳でもなく、ただ朝集まって話していた頃の話。

ここでやっとアリスの登場
アリスは、まだ迷っていた。このまま戦わず死を待つのか…
亡くなっていった友達と対話し迷っていた。

そこに、チシヤと出会う
話しているとイキナリの銃撃
あえて 急所は避けられているが ニラギによるものだった。
チシヤとニラギは臨戦態勢にはいり、アリスにも参加を求めるのだった。


17巻
チシヤの、昔の話から始まる。

三人は似ている。と言う
アリスは、ニラギの言葉で自分の幼稚さに気づく
戦いを辞めようとした所に
ウサギが登場、ウサギが消えれば。と銃を打ちチシヤが庇って打たれてしまう。
ウサギを守るためにニラギを打つ、アリス
二人は “医療施設等がないここでは“助からない

げぇむが終われば国民になりげぇむが続くだけではなく、帰れる可能性もあるのでは?
帰れれば、二人は助かるのでは?と感じ始める

こうしたい。ではなく、どうしたい?との問いにげぇむに参加して二人を助けたい
同じ気持ちで最後のげぇむへの参加を決めたのだった。

会場に向かうと
過去出会った仲間たちがいた。
人数などは無制限であったが、ハートのため、躊躇していた。
アリスが自分が行く。と告げると
全員 行くと言い出し、じゃんけんで勝った二名が参加することで意見がまとまる
(1人では勝てない可能性があり、複数人で参加した場合1人しか勝てない可能性もあり、最善の人数だと判断した)

アリスとウサギの二人は最後のげぇむに向かう。
げぇむは、くろっかす それも 棄権さえしなければクリアという簡単なものだった。

アリスは、げぇむより、国についてが気になりミラに質問する。最初は答えられないといっていたが 様々な嘘でアリスを怒らせる


感想
いよいよ次回最終巻です。
長かったような短かったような…


気になった方はこちらを(^^)!



そんな事より 巻ネタバレが気になる!方はこちらを(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)

ゆめのすけが見た空・ワンダフル 感想

感想だけサクッと。


ゆめのすけが見た空

ゆめのすけが見た空

ゆめのすけが見た夢
殺処分寸前だった子犬が災害救助犬候補として引き取られた。人を恐れビビリな性格の夢之丞(ゆめのすけ)だが、ハンドラーや仲間の犬たちとの友情に包まれ少しずつ心を開いていく。そして、災害救助犬として訓練を積んでいく夢之丞の前に広島土砂災害が起きる・・・。1匹の捨て犬が起こした大きな奇跡、感動の実話コミック!引用:renta

名前も知らない犬との出会いと死を通して自らの進む道を決めた歩美。倉木動物病院に居候しながら愛犬シッターを開業するのだが…!?ペットと人が織りなす絆の物語引用:renta

動物が好きなら是非読んでみて欲しいかなーって漫画でした。

今際の国のアリス12巻~14巻/麻生羽呂 ネタバレ感想


あらすじ

1巻~見直したい人はこちら。
前巻(11巻)だけ見直したい人はこちら

ネタバレ前のためし読みはこちら♪

ネタバレ
アリスたちは、げぇむに参加しないと決め
時々不安に襲われながらも、穏やかや日常を過ごしていた。

その頃はーとのJ
刑務所による、独房というげぇむが行われていた。
自分では見えない首の裏に書かれたマークを
誰かに教えてもらい、自分で答えるというものだった。既に紛れ込んだはーとのJを見つける事が出来ればぷれいやぁの勝ちというもの

疑心暗鬼になりながら

二人のくりあ17名の死をもって
はーとのJをくりあするのだった。


すぺーどのK
特別編で出てきたキャラクタードードー
アグリが出てきます。
すぺーどのKは殺すことがこの世界から恐怖からの救済だと信じており何の躊躇いもなく殺していきます。
ドードーはすぺーどのKに出会いながらも上手く逃げアグリに遭遇、行動を共にすることに。
すぺーどのKとの直接対決になり、アグリは撃ち合いドードーは一人で逃げることに。
そこで (特別編で出てきたキャラクター)ヘイヤに会うことになる。
すぺーどのKに襲われた二人だが上手く逃げる事に成功 川に飛び込み流されているところをアグリに助けられる。三人は一緒に行動を始めるが ドードーのぴざが今日で切れる事に気づく
それを聞いたアグリは一人ですぺーどのKを倒しにいく、刺し違える覚悟だったがそれに気付いたドードーはアグリの元へ
死から逃げていたドードーだが、アグリを死なせたくないと覚悟を決めたのだった。
関係ないと動かなかったヘイヤだが二人のピンチに現れる。
ドードーはアグリを欺き、自分が盾になると、すぺーどのKに銃を打つが当たらず、自身が川に落ちてしまう。
アグリは逃げを辞め、正面からすぺーどのKに向かい勝利する。ヘイヤは、ドードーを助ける事ができたが、ぴざが与えられたのは倒したアグリだけだった。
そして、残されたカードも一つとなり
重傷を負ったアグリを除く二名で最後の会場に向かうのだった。


感想


はーとのJは誰がメインとかはないまま話が進みました。
読者にもはーとのJは誰か分からないまま。
前巻までとうってかわって、胸くそ悪い話というか、さすがハートだなっと。
いい人が生き残れる訳ではないんだなっていう…
で、自分が生きるために邪魔な人を殺すのもいとわないという…

すぺーどのKは今までの特別編キャラが出てきて全員がわかりやすい性格で、読みやすかった。
お人好しでよく生きてこられたわね。って全員な。ドードーの人に恵まれ助けられるのも一種の才能だよな
気になった方はこちらを(^^)!


そんな事より 15巻ネタバレが気になる!方はこちらを(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)

今際の国のアリス11巻/麻生羽呂 ネタバレ感想


あらすじ

1巻~見直したい人はこちら。
前巻(10巻)だけ見直したい人はこちら

ネタバレ前のためし読みはこちら♪


ネタバレ
二人を引き離す事に成功し
アリスとニラギは正面突破する。
アリスは、キューマに触れるが、アリスはバトル後 タッチしていなかったため、二人は感電意識を失う事に。
そこで、ニラギは相手チームウタと一対一の勝負に出る。 無事相手陣地をタッチし
アリスチームに10000点の移動
3000点差まで迫るものの、ウタが、バトルはしないし、あんたたちに勝ちはない!と叫ぶ
残されたアイテムが2500である事に気づき絶望するアリスたち。


死を待つだけであったアリスたちだが
クイナは最後まであがくと2500のアイテムを見つける。

アリスは、タッタに『ありがとう』と告げる

その一言で、タッタはやる気を取り戻し
アリスに腕を落とし腕輪を持っていくようにお願いしたのだった。

それを知らないキューマは
アリスと握手し アリスチームに点が移動したのだった。


アリスが
『ぷれぃやぁだったんだろう?』
と訪ねるとキューマは否定をせず、タイムアウトにより、クラブのKは負けるのだった。

慌ててタッタのもとに向かうアリスだが、既にタッタは息たえており
自分が殺してしまったと喚くアリス

キューマの答えもあり
アリスは今後げぇむには参加しないと決め
ウサギもアリスに着いていくときめたとクイナに告げるのだった。


感想
なんか、泣ける回だった
キューマたちのチームも最高だった。
誰も恨まず、誰も責めず、感謝して死んでいった。みんな熱かった。良かった

気になった方はこちらを(^^)!



そんな事より 12巻ネタバレが気になる!方はこちらを(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)

今際の国のアリス10巻/麻生羽呂 ネタバレ感想


あらすじ

1巻~見直したい人はこちら。
前巻 (9巻)だけ見直したい人はこちら

ネタバレ前のためし読みはこちら♪


ネタバレ

キューマたちは、一人の死と引き換えに
10000越えの戦士が3人となった。
バトルでは勝ち目が無くなり アリスたちは、アイテムを集めることにする。
陣地に触らせてしまったタッタの事をニラギは責める。タッタは落ち込んでしまう。
ニラギは影に隠れ吐血する。

アイテム集めに出た4人だが
ウサギ クイナ は捕まりタッチされてしまう
アリスもキューマらの作戦にハマりタッチされてしまうのだった。

普通に勝負していては勝てないと
アリスらは覚悟を決める。
まず、陣地を守る4人を引き離すため
ウサギ・クイナには挑発し、二人を引き離す事に成功する。
ウサギはその中で アリスと生きていきたいと決意を決めるのだった。

番外編が収録されています。




感想
引っ張るなー(´・ω・`)
キューマ、嫌いじゃない。。。


気になった方はこちらを(^^)!



そんな事より 11巻ネタバレが気になる!方はこちらを(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)