読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.(仮)

大好きな漫画や書籍のお話、レポ、感想や、それに関連したお話。

文豪ストレイドッグス1巻〜9巻/春河35 朝霧カフカ

※こちら前ブログに2016年3月に書いたものです。


太宰治芥川龍之介中島敦といった文豪がキャラクター化[2]され、「人間失格」、「羅生門」、「月下獣」といったそれぞれのキャラクターに対応する異能力を用いて戦うアクション漫画である。
引用:Wikipedia

あらすじ

中島敦は 孤児院を追い出されてしまう。彼は空腹に見舞われながらも盗んだり人を襲う事もできず死にかけていた。生きていくために人を襲うしかないと覚悟を決めた時、川で溺れかかっていた男性を見てしまう。根が優しい彼は見過ごすことができず男性を助ける。
男性の名は太宰治。彼は溺れていたのではなく自ら飛び込み自殺をしようとしていたのだった。
しかし迷惑をかけたとのことで彼の相方、国木田が茶漬けを奢ってくれることになる。
彼らは異能力集団「武装探偵社」の一員で
人食い虎を探している。とのことだった。
それを聞いた敦は血相を変えて逃げようとする。
その様子を変におもった二人は敦から虎について聞き出すことにする。孤児院に虎が現れ人は助かったが畑が荒らさ口減らしのため自分が追い出された。虎は自分を追ってきた。空腹のため意識は朦朧としており、どう逃げたかも分からないけど、虎に殺されかけた。と敦は告げた。虎が敦を狙っているのなら好都合と協力を申し出る二人。報酬につられて手伝うことになった敦だが太宰は全て合点がいっているようで…

ネタバレ前のためし読みはこちらから^^

文豪ストレイドッグス

以下9巻までのネタバレいきますよ?

ネタバレ


実は敦が白虎になる能力者だった。
しかし、本人は全く気づいておらず、知らぬ間に虎へと変貌し、施設の畑を荒らし、施設を追いやられたのでした。
太宰は触れただけで他者の能力を無効化できる「人間失格」で白虎を敦の状態に戻し、敦も探偵社の一員となるのだが、彼には懸賞金が懸けられており、ポートマフィアから襲撃を受ける事になってしまう。
フィッツジェラルドからの申し出を断った事でギルド(組合)まで加わり三つ巴状態になってしまう。

敦に懸賞金が懸けられていたのは、ただ単に虎のような強靭な体を持っているからだけではなく、敦が本を見つけるための"道標"であるためだった。ギルドに捕まってしまった敦だが、その時Qという自分を傷付けた人の精神を破壊させる能力者により一般市民への被害が広がり始める。
それをうけ一般市民を大切に思っているマフィアと探偵社は一時的に手を組むことに
マフィアの中也と元マフィアの芥川は 昔 『双黒』と呼ばれたコンビでチームワークを見せつけQの奪還に成功するのだった。

敵の異能である 白鯨に単身乗り込んむことになる敦
白鯨を操る 能力者から 白鯨はこのまま墜落する。
マフィアも探偵社も巻き込んで。と告げられる
既にギルドによって改造され自分にはもう止められない。白鯨の能力者は 一緒に墜落すると告げる
それを止めるために 走り出した敦は芥川と遭遇して…


芥川は敦に対して個人的に怒りをもっているようですが、太宰の力を借りて突破(逃げ)に成功します。
芥川は誰よりも太宰に認められたいという気持ちが強いようで…
そこで待っていたのは、ギルドのボス
フィッツジェラルドでした。劣勢の敦にのもとに現れた芥川は、フィッツジェラルドを無視して、敦に戦いを挑むのですが、それがフィッツジェラルドの反感をかいます。
芥川と敦はぶつかり合うのですが、意図せず二人でフィッツジェラルドに立ち向かいます。

それは、太宰が仕向けた事で、二人なら『双黒』になれると思ったからでした。強敵フィッツジェラルドを倒したが白鯨はとまらず、それを止めたのは鏡花でした。自己犠牲をもいとわない 彼女は、やっと探偵社の一員になることが出来たのでした。


ボスを失ったギルドは崩壊し
一時の平和を手にいれたように見える探偵社

しかしまだ、何か企んでいる敵がいるようで

気になった方はこちらを(^^)!
文豪ストレイドッグス


そんな事より 9巻ネタバレが気になる!方はこちらを(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)

アニメが見たい方はこちらで配信してました♪


漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログなので♪