.(仮)

大好きな漫画や書籍のお話、レポ、感想や、それに関連したお話。

もののべ古書店 怪奇譚/紺吉 1巻

※こちらから前ブログに2016年なにあげたものです

もののべ古書店 怪奇譚/紺吉 1巻
忌まわしき古書、買い取ります――。

寡黙な古書店主と健気な少年、血にまみれた古書を狩る。新鋭・紺吉が描く猟奇的和風幻想譚、登場!

引用:楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もののべ古書店怪奇譚(1) [ 紺吉 ]
価格:616円(税込、送料無料) (2016/12/15時点)



あらすじandネタバレ


古書店員正太郎と店を手伝うシロ
二人は 『鬼書』を探していた。
鬼が書いたとされる本でそれを読むと鬼と化してしまうのだった。

二人は怪しい噂を聞き

女性が二人、亡くなっただけでなく
調査を進めると子どもが居なくなっていることを知
街の駐在さんが鬼となっていることに気付いた正太郎は、話をしにいくが、鬼となりおそってくるのだった。

実は正太郎とシロも鬼だったのだ。


と1話完結のお話が収録されていました。
正太郎が古書店を訪ね、泊めてほしいとお願いすると、店主は 以前と変わらぬ
正太郎を泊めてくれますが、自分の生い先短いことを悟り、正太郎に店を守ってほしいとお願いするのでした。
正太郎は査定に行きます。そこで、鬼書があったはずなのだが、見つからず…

そんな正太郎にも 新しい友達、高遠が出来ました。

友達 高遠の親戚で妹のような小夜
に本を届ける正太郎
遅くまで居てしまい野犬が出るからと泊めて貰う。
しかし、野犬ではなく小夜だった。
高遠も、小夜の変化に気付いていていたのだが、小夜を守るためにごまかしていたのだった。
そんな高遠を殺したくなく、逃してしまう正太郎だった。

そんな時 本を読み鬼になった一人の女性が現れる。彼女は人を食べたくないが、耐えられない。
正太郎は鬼でありながら人を食べないから助けてほしいとお願いしてきた。
正太郎は怪しいと思いながらも彼女について行く。彼女は正体を現し、正太郎で実験するのだった。

逃げ出した正太郎を匂いで探しに来たシロ
シロは鬼を食べる鬼で、鬼を食べないと常に空腹であり、その女を食べてしまう。
まだお腹が空いたと正太郎に迫るシロ
そんなシロに対し……

食べてもよいと…
しかし、シロは正太郎を生かすのだった。

二人の関係やどんな鬼が出てくるのか。
続きが楽しみですね。

元々画像をいれていたので、分かりにくくてすみません(´;ω;`)

感想
私は好きなお話でした。
人×人ではないもの。ってコンスタントに流行りますよね?次来るぞ!って個人的には思います。
とりあえずアニメ化は もう動いてると思います(←勝手に思ってるだけ)
可愛い子どもの声で『しょーたろー』からのオッサン声の『』
もうシロの声まで脳内で再生されてます。同じ声優さんで声色変えてお願いします←
とりあえず今のうちにチェックしましょう\(^o^)/

最初の 駐在さんのお話は 1話完結です。
どんなお話かを簡単に知るには1話で充分ですので
とりあえず 好みのお話か悩んでいる方は1話だけ見て見て下さい♪"

1話だけ 見たい場合は 電子書籍がオススメです。
ちな、Renta!の縦スクロールで読みやすいです(^3^)
タップは、動かなかったり目次が出たりで私はちょっと苦手(´・ω・`)だったり…する…


個人的には結局紙媒体……!ぁ

2巻ネタバレはこちら
もののべ古書店 怪奇譚/紺吉 2巻 ネタバレ感想 - .(仮)

この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)

人以外のものが登場する漫画一覧♪