読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.(仮)

大好きな漫画や書籍のお話、レポ、感想や、それに関連したお話。

ちはやふる 34巻/ 末次由紀 ネタバレ感想

ちはやふる34巻/末次 由紀

まだ”情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早(ちはや)。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!
引用:renta

1巻~見直したい人はこちら。
前巻(33巻)だけ見直したい人はこちら


1巻ためし読みはこちら☆

前回までのおさらい
全国高校かるた選手権 個人戦では 詩暢対新 による決勝。新の優勝で幕を閉じたのだった。
そして、それぞれの決意を胸に…


では、34巻ネタバレいきますよー\(^^)/

ネタバレ
最後の大会を終え 各々が受験に向かい始めるが千早は クイーンと受験 どちらに力を注ぐべきなのか揺れていた。
そんな時 学校で太一と会う。“名人とクイーンの特番“があると教えられ二人で千早の家に向かう
それを見ながらクイーン戦に出たい気持ちを母親に伝えるが 母親は不安のあまり首を縦に振らない。そんな時助け船を出してくれたのは太一だった。

カルタのプロとして生きていきたいと決意した詩暢は意図しないテレビの仕事も受けるようになっていた。そんな中、カルタを通して見えていた小さな神様が見えなくなりもがきはじめる。
一人になる事で強さを追求し続けていた詩暢だが、更に強くなるためには周りとの関わりも必要不可欠で…


感想
前回までのピリッとした緊張の続く試合から一気におちゃらけ回(吹奏楽部vsカルタ部 部室争奪カラオケ大会?笑)かと思いきや、やはり涙腺崩壊は免れませんでした(T_T)
千早も太一も 新も お互いがお互いと繋がるためにも カルタから離れられない(もちろんカルタが好きだからってのは分かるけど)
詩暢の幼少期 可愛いし(それこそ、千早と出会っていたらまた違ったんだろうな…)後半は詩暢編みたいになってたけど、これから人と関わる事でより強くなるんだろうなあ…
最近涙腺やばい(´;ω;`)ざっくりですみません。

改めて1巻~気になる方はこちら(準備中(´・ω・`))

気になった方はこちらを(^^)!

↑現在33巻までしか公開されてません(´;ω;`)


そんな事より 35巻ネタバレが気になる!方はこちらを(発売次第追記予定です。)

漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)