.(仮)

大好きな漫画や書籍のお話、レポ、感想や、それに関連したお話。

東京喰種 トーキョーグール:re 10巻/石田スイ ネタバレ 感想

東京喰種 トーキョーグール/:re 10巻/石田スイ
「ヒトと“喰種”は分かり合える」 先代の“隻眼の王”の意思を継ぎ、記憶を取り戻したカネキは、『喫茶:re』に身を寄せることに。懐かしい珈琲の味と香りに包まれたそこは、かつての仲間たちと、“王”を囲う“喰種”たちで満ちていた。ー自分が“ここ”にいる意味。ヒトと理解し合える世を目指し、「黒山羊」を組閣したカネキは、〔CCG〕との対話を求め始める。世界という“殻”を破壊するためにーー。
引用:楽天

1巻~見直したい人はこちら(ごめんなさい(´;ω;`)準備中です)
前巻(9巻)だけ見直したい人はこちら
languageofflowers.hatenablog.com

ネタバレ前のためし読みはこちらから


いきなりだけど、ネタバレいきますよ?

ネタバレ
激闘を終え 喫茶:reにて生活する金木たち。
そこには、小間やカヤの姿もあった。

喰種だけでなく、平子率いる0番隊や
瀕死の状態ではあるが、 アキラの姿もあった。

隻眼の王となったカネキは
集まった喰種たちに向け
喰種とヒトが理解し合える世界を作る。
と宣言するのだった。

和修家を殺害した旧多宗太は
少しずつ、動き始めていた。
グールの仕業に見せかけ、派手に事件を起こしていた。

宗太の怪しさに唯一感付く和修政
政に付け入ろうとする瓜江

六月の変化に気づき力になりたいと思う才子だが、それに甘えられない六月

各々が各々の思想を胸に抱いている。

宗太と対峙するカネキ
カネキがグールとなった事件について聞くと

鉄骨を落とした事は認めたうえで
カネキを狙ったのではなく、リゼのみがターゲットだった。と笑うのだった。
宗太はリゼが好きだった。リゼを逃がしたが、不安になり手元に置いておくため事件を起こした。


瀕死のアキラのもとにニコが現れる
ニコは喰種にも人間にも詳しい人間ならば、助けられるかもしれない。と
大環アクトの小倉という人間を紹介するのだった。
大環アクト→理念:わたしたちは偶然ヒトに生まれた
学生による活動が基盤になっており
医療チームがあり喰種にも詳しいものがいるとの話だった。

大環アクトの創設者が錦の恋人…貴未であると感じ涙を流す錦。

アキラの治療にはRc抑制剤が、必要とのことで、ラボに潜入する。
ラボには、ホルマリン漬け?の亜門の姿が……!?

その時、瓜江vsドナート
(瓜江の父はドナートを捕まえていた?)

鈴屋vsウタ?
も戦っているのだった。


感想
大切なものを失い
目的を見失いかける宇井の言葉や

一番大切なものは揺るがない鈴屋の言葉。

『守るものがない人間は最後の最後で戦えない』
と宇井への心配や

『理由がないと行動できないヤツはクソです。』

と思わずに心に響く言葉が沢山ある回でした。

本当に大切なものを守るためには
捨てなきゃならないものもあるんだな、と思いました。

トーカの親友依子結婚。
錦の元カノ 貴未など、懐かしいキャラが登場

いよいよクライマックスなんだなあと嬉しくも
悲しくもあります。
依子の親友がラビットだって分かった時、黒盤はどうするのでしょう?

トーカや錦が人間たちと生活していたこと。
カネキが元人間であること。
全てが必然……あー、泣ける。
錦嫌いだけど、錦に貰い泣きさせられそうになりました。


気になった方はこちらを(^^)!



石田スイ先生 感心ですって!
感心?絶賛じゃなく?

ダブルのD 1

そんな事より 11巻ネタバレが気になる!方はこちらを(発売後up予定です)

漫画を見たい方はこちらを(準備中(´;ω;`)ごめんなさい)

漫画に興味ないわ という方はこちらへ(準備中です(´;ω;`)ごめんなさい)


この漫画に関する 感想や共有したいお話がありましたらコメント大歓迎です!!
基本的には私が漫画のお話をしたいがためのブログですので、語り合いましょう( ;∀;)!

おすすめの漫画等も教えてください(^^)