.(仮)

大好きな漫画や書籍のお話、レポ、感想や、それに関連したお話。

死体処理請負人アマネ・君だけの翼・激辛クッキング 感想

今回はいくつか、まとめて、サクッと感想だけ

まず最初はこれ。

『死体処理請負人 アマネ』

~美人ホラーマンガ家・稲垣みさおのクールでスリリングな代表作~どんな死体でもけっこうです。いかなる理由に関わらず、死体処理に困っている方はご連絡ください。誰にも知られずに完全に処分して御覧にいれます。
引用:renta

との事で読んでみた。
絵はちょっと苦手。
グロいというか ちょっと汚いグロさ←ごめんなさい(´;ω;`)

美人漫画家ってwって検索したら
ほんまに綺麗な人やった。

でも『鬱』ってワードがあって
あぁ…って思った。

綺麗な人なんやけど、陰の要素があるというか…

お話も、そんな感じです。
暗いお話を明るく楽しくギャグでかいてるのに、やっぱり陰 みたいなお話です。

アマネが死体処理しているのですが、アマネ以外にも死体処理をしている集団があり
アマネはそこの落ちこぼれみたいな感じなんですが
ちょいちょいストーリー性はあるものの、そこまで期待せずに…好き嫌いはありそうですが、気になる方は(^^)

次はこれ

『君だけの翼』

乳児院の新米保育士・佳奈。まだまだ失敗が多く怒られてばかりだったが、勤務半年目で初めて担当の子を持たせてもらうことに。そこで出会ったのはとても素敵な生後5日の男の子・幸人くん。両親は中学生ということもあり、親権を放棄されこの乳児院に預けられた。初めてのおすわりができたりお宮参りをしたり、あっという間に8ヶ月過ぎた頃、幸人くんに里親さん候補が現れる。待ちに待った機会だったが、幸人くんの機嫌が悪く里親さん候補との面会はうまくいかなかった…。しかし幸人くんが不機嫌なのは理由があって……。
引用:renta

一巻完結の短いお話なので、そこまで大きな盛り上がりはないのですが、色々考えさせられる作品でした。オチを言ってしまうと、引き取られて終わりなので、その先の幸人くんのことは分からないですし、初めての担当だから、そこまで感情移入してしまうのであって次の担当の子までそこまで感情移入するのかとか、気になることは沢山あるのですが、幸人くんが可愛いのでぜひ、見て欲しいです。


最後はこれ

激辛クッキング

激辛クッキング

激辛クッキング

『激辛クッキング』
原作 白川晶 画 渡瀬のぞみ

辛いものって、ムショーに食べたくなる時がある。それも、半端な辛さのやつじゃない“激辛”なやつ!!
引用:renta

9話の激辛クッキングと
6話のぷちプライス
が掲載されてました。

簡単なあらすじとしては、
一人暮らしの小次郎のもとに
お隣の 倉本美姫がやってくる
お金がないため晩御飯をご馳走してほしいという
しかも、辛いカレーとのリクエスト
それから、美姫の勢いに押され ご飯を御馳走することに……みたいな話。
辛いもの好きとしては見逃せないと思ったのですが、レシピもあり、食べたいとは思ったのですが、レシピ真似したいとは思わないという不思議。
お色気要素が組み込まれていて、女性目線で見ると、無駄。

ぷちぷらは、激辛が安くできるものに変わり、人名が代わった程度。

どちらも美味しそうだな。とは思ったので、興味がある方は、ためし読みを(^^)

激辛クッキング

激辛クッキング

激辛クッキング

次回もこのテイストでお送りします(^^)ノ